キレイな部屋は床から始まる

玄関を開けた時、どうしても隠すことができないのは床です。床にジュウタンを敷き詰めた住宅なら床の傷などを気にせずに対応することができますが、ジュウタンを敷き詰めている住宅はほとんどありません。
床は人やペットなどの動物が歩いたりするだけで傷がついてしまいます。さらにドアの開け閉めや荷物を運ぶ場合、子どもがいる場合はこぼしたり落書きをしたり・・・。
どうしても床には必ず傷がついてしまいますが、傷がつかなくて頑丈な床はあるのでしょうか。現在住んでいる床を頑丈にすることができるのでしょうか。
傷の付かない床を手に入れることは可能です。リフォームをする必要もなく、コーティングなどでもしっかりとした頑丈で傷の付きにくい床を手に入れることができます。

■頑丈な床は素材よりもコーティング
昼の間は電気を節約するためになるべくカーテンを開け、日光が住宅の中を明るく照らすようにしますが、それは窓際に面している床を傷つけてしまっている行為となります。それらを守るためには窓ガラスにUVカット加工を施す必要があります。
そして、床にはもともと床ワックスがかけられています。これはコーティングを目的とした床ワックスなのですが、すぐに汚れてしまったり、ペットがおしっこをしたり子どもが飲み物をこぼした場合は耐水性が弱く剥がれてしまいます。
窓ガラスを加工するように、床にも機能を向上させるコーティングがとても重要な働きを持ちます。床ワックスの中でもかなり性能が高いと言われているUVコーティングは、床を守るためにさまざまな機能を持っています。
UVコーティングをすることで、長期間の上丈夫でキレイな床を維持させることができます。

■さまざまな種類があるフロアコーティング
UVコーティングはフロアコーティングの中の一つで、有機系コーティングの中では最も持続性があるコーティングです。大きな衝撃を与えたりしない限りは約10年程の耐久性があることがわかっています。
有機系コーティングの他にはガラス素材を塗料としている無機系コーティングがあります。性能的には無機系コーティングの方が高くなっていますが、より値段がお手頃である程度の耐久性があるものが有機系コーティングのUVコーティングとなっています。

オススメリンク

[ic_add_posts]

関連リンク